猫アレルギーとは?克服する方法はあるの?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫アレルギーの発症について

猫アレルギーの発症について

 

猫が好きであっても、アレルギー反応を示してしまい触れ合うことが出来ないという方も多いのではないでしょうか。これは、猫の被毛についたフケや唾液に含まれる成分・物質にアレルギー反応を起こしてしまう症状。これらの物質は非常に小さいため飛散しやすく、アレルゲンとなります。

 

アレルゲンは、人間の体に入る事で異物であると認識し、免疫機能によってアレルゲンを外へ出そうと動きます。しかし、この動きが過剰になる事でアレルギーの症状が見られ、「猫アレルギー」となってしまうのです。

 

猫アレルギーの症状

猫アレルギーの症状

 

猫と触れ合った直後に、身体に何らかの異常が見られる場合、猫アレルギーの可能性が高いといえるでしょう。一体どのような症状が見られるのでしょうか。

 

主な症状

目のかゆみ、充血、まぶたが腫れる、涙が出る、鼻水、くしゃみ、喉の痛み、咳、喘息などの症状を引き起こします。特に喉に発症するアレルギー反応は悪化しやすいため注意が必要です。また、猫アレルギーにも軽度から重度までの段階があり、重度の猫アレルギーである場合は喉にアレルギー反応が起こりやすくなります。

 

猫アレルギー特有の症状

目や鼻、喉に見られるアレルギー症状に加え、皮膚にも症状が現れるケースが多いのです。蕁麻疹、皮膚のかゆみや腫れなども起こる場合があります。特に猫に触れた部分、手の平などに症状が見られる場合が多いです。また、かゆみを伴う皮膚の乾燥なども起こり得ます。

 

猫アレルギー以外の可能性

猫アレルギー以外の可能性

 

猫と触れ合った後にアレルギー症状が見られたとしても、必ずしも猫アレルギーであるとは限りません。身体が疲れて免疫力が低下している場合、粘膜の機能が低下してしまい菌が侵入しやすい状態となってしまうのです。

 

普段は反応しないアレルゲンに対しても、一時的に反応してしまう場合があります。疲れが溜まっている場合や、体調不良などの自覚がある場合は猫アレルギーであると決めつけてしまうのは早いのかも知れません。

 

何故アレルギー反応が起こるのか

猫アレルギーは、先にも挙げた通り体に様々なアレルギー症状を引き起こします。何故、猫アレルギーの症状が粘膜に集中してしまうのでしょうか。これは、猫の被毛、被毛についた物質を空気と一緒に吸いこむため。

 

目や鼻は、涙や鼻水によって比較的簡単に追い出すことが可能です。喉は、空気と一緒に吸い込んでしまい器官にまでアレルゲンが入り込むため、喘息などの症状を引き起こすのです。

 

猫アレルギーの判断方法

猫アレルギーの判断方法

 

アレルギー症状が見られた場合、本当に猫アレルギーであるかどうかを判断する必要があります。この判断方法には「ブリックテスト」と呼ばれる方法が採用されています。テストを行うことが出来る病院や、検査費用は病院によって異なるため、自宅近くの病院へ確認をしてみましょう。

 

猫アレルギーの治療

猫アレルギーの治療

 

猫アレルギーの詳細な原理は解明されていません。そのため、アレルギー症状を緩和させる投薬治療が行われます。かゆみを抑える薬や、皮膚炎を抑える塗り薬などが処方されます。

 

猫アレルギーを克服することは可能?

アレルギーは体質であるため、完璧に克服することは困難であるといえるでしょう。そのため、アレルギー症状が出にくい状態を作る事が重要になります。部屋の掃除頻度を上げる、猫のブラッシング頻度を上げて被毛が舞うことを防ぐことがポイントです。

 

猫アレルギーの症状への対処法

猫アレルギーの症状が出た場合、一度猫から離れて症状が出ている部分を洗う、うがいをするなどアレルゲンを洗い流す様にします。症状が出ないようにするためにも、猫に触れる際にはマスクを着用し、猫に触れた後はすぐに手や腕を洗うといった方法で対処をしましょう。窓を開けたり空気清浄機を使用するなど、空気の循環を行うことも有効です。

 

猫の種類によって発症しない?

猫アレルギーは、種類によって発症しないという噂もあるようです。しかし、どの猫も持っている成分・物質は同様であるため、特定の種類であれば発症しないということは考えにくいでしょう。

 

アレルギーの症状は、被毛についた成分や物質によって引き起こされるケースもあります。そのため、長毛種であれば被毛が舞うケースが多いことでアレルギー反応を起こしやすいということは考えられます。

 

アレルゲンの特定を

アレルゲンの特定を

 

猫アレルギーの症状は、風邪や花粉症の症状にも似ています。判断が難しい場合もあるのです。しかし、アレルギーの症状が見られるのであれば、身体が何らかのアレルギー反応を示しているということ。アレルギー症状は、重症化してしまうとアナフィラキシーショックによって命の危険もあるものです。必ず病院で診察を受け、アレルゲンを特定します。

 

猫アレルギーでなければ、猫との触れ合いも抵抗が無くなりますね。万が一猫アレルギーであると診断をされてしまっても、原因が特定されることによって対処も可能となります。自身で判断をして、市販薬のみで症状を抑えるといったことは止めましょう。