猫も花粉症になる?症状と治療法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫の花粉症対策を行いましょう

猫の花粉症対策を行いましょう

 

春が近づくと毎年話題となるものの1つといえば、花粉です。目の痒み、充血や、くしゃみや鼻水などといった日常生活に支障をきたすほどの症状をもたらす花粉症。人間にとっても非常に厄介な花粉ですが、実は猫にも花粉症の症状が見られる場合があります。

 

猫の花粉症その症状とは

人間と同様に、鼻水やくしゃみが出る、目やにが増えるなどの症状が見られます。また、猫の場合は皮膚に痒みを伴うケースが多いため、体を擦る様な動きを見せる場合もあります。擦ることによって被毛が抜けてしまう、皮膚が炎症を起こして赤みを帯びるなどの症状が特徴。非常に稀に、下痢や嘔吐などの消化器官に関する症状も見られます。

 

平均すると、2歳以上の猫は花粉症の症状が見られるケースが多いといわれています。しかし、花粉症の症状似ている疾患としてウイルス感染による病気の可能性もあるのです。「猫風邪」とも呼ばれるウイルス感染は花粉症の症状に加えて発熱や食欲が無くなるなど体の衰弱も起こります。これらの症状も見られる場合、花粉症ではない可能性が高いため注意が必要です。

 

なぜ猫も花粉症になるのか

なぜ猫も花粉症になるのか

 

花粉症とは、花粉に対するアレルギー反応が過敏になっている状態。様々な花粉が存在する中、猫の場合は原因となる花粉の種類を特定することは困難であるともいわれています。現在のところ、猫による花粉症はスギ花粉による症状が認められています。

 

治療方法

治療方法

 

動物のアレルギー検査を行います。しかし、花粉症であると決定付けることは困難であるともいわれています。猫風邪などのウイルス感染ではないということを断定すること、アレルギー診断でくしゃみなどの症状を緩和する投薬治療を行うことになるのです。

 

使用される薬は、抗ヒスタミン剤やステロイド剤です。これらはアレルギーにより起こる様々な症状を抑える効果が期待できます。ただし、ステロイドを長期間使用してしまうことで、副作用も懸念されます。そのため、使用する期間は獣医師と相談の上、長期間にならないように調整を行いましょう。

 

花粉症を完治させることは困難であるといえます。そのため、可能な限り花粉と猫を接触させないようにすることが重要です。

 

治療以外の改善方法

アレルギーの原因となった植物を特定することが出来た場合、体を徐々に特定植物に慣らせる「減感作療法」なども用いられる場合があります。

 

花粉症予防のポイント

花粉症予防のポイント

 

アレルギー検査でも断定することが難しい、猫の花粉症。花粉症ではないかと疑われる症状を出さないために、まずは予防をしてみましょう。

 

花粉を侵入させない

花粉を侵入させない

 

猫を放し飼いにしている場合、花粉の多い時期には外に出ることが出来ないように工夫をしましょう。放し飼いである猫を室内飼いにしてしまうことは、猫にとって大きなストレスとなります。そのため、飼い主さんが相手をすることでストレス軽減や運動不足にならないようにしましょう。

 

室内外である場合、室内に花粉を持ち込まないことが大切です。飼い主さんが外出先から戻った際には、洋服についた花粉を落としてから入室しましょう。また、洗濯物にも注意が必要です。洗濯物には非常に多くの花粉が付いた状態になるため、取り込む際にはしっかりと払ってから入れましょう。

 

室内の花粉除去

掃除機をかける頻度を上げ、室内に持ち込まれてしまった花粉を除去しましょう。水拭きなどを行い、花粉が舞い上がることを防いでから掃除機をかけるようにすることがポイントです。

 

空気清浄機を利用する

空気清浄機を利用する

 

室内では空気清浄機を利用することも有効です。部屋の面積の3倍以上の商品がおすすめ。より高い効果が期待できるでしょう。また、湿度をあげることによって床に落ちている花粉が舞い上がることを防ぐという方法もおすすめです。加湿器と空気清浄機を利用すると、室内の花粉対策になるでしょう。

 

被毛をブラッシング

花粉が猫の被毛に付いている場合もあります。猫の被毛からも花粉を落とす必要があるのです。室内飼いであっても、被毛には多少の花粉が付いてしまいます。ブラッシングをするか、シャンプー嫌いな子でなければシャンプーを行うことも良いでしょう。

 

しかし、猫自身がグルーミングを行うため、ブラッシングやシャンプーを行ことに神経質になる必要はありません。頻繁に行ってしまうと、皮膚を傷つけることや乾燥に繋がります。2週間に1度もしくは1か月に1度程度が目安です。

 

極力窓を開けないようにする

春先は気候が良いため、窓を開けて室温を管理する機会も多いでしょう。しかし、窓から花粉が入るため、他の予防方法が無意味になってしまいます。電気代はかかりますが、エアコンなどで室温を管理しましょう。

 

猫の生活スペースの清潔を保つ

猫の生活スペースの清潔を保つ

 

猫は1日の内、長い時間を寝て過ごしています。猫がいつも寝ている場所、クッションやベッドを清潔にしましょう。掃除や洗濯を欠かさず、毎日花粉を落としましょう。

 

猫の花粉症は予防が重要

猫の花粉症は予防が重要

 

猫の花粉症とは、人間ほど目立つものではありません。しかし、猫にとっては非常に辛い状況になります。人間の様に、花粉対策グッズであるマスクや専用メガネなどで予防することは出来ないためです。そのため、猫が花粉に触れないようにしてあげる必要があります。

 

飼い主さんが症状を抑えてあげるための対策を行うことで、猫が花粉症を発症する確率を下げることは可能でしょう。予防を徹底することによって、治療の必要はなく花粉の季節を乗り切ることが出来るかも知れないのです。家族が一丸となって、猫の花粉症を予防しましょう。