かしこい犬はこの犬種!人気の犬種の知能度ランキング!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昔から、多くの犬が人間のパートナーとして過ごしてきました。
数ある動物のなかでも、知能が優れているといわれている犬たちは、愛玩犬として人間に癒しを与えるだけではなく、その賢さを発揮して警察犬や盲導犬、狩猟犬などさまざまな仕事を担っています。

 

そこで、賢い犬のなかでも知能が特に優れているといわれている犬種について、ランキング形式でご紹介します。

 
 

意外?納得?第6位から第8位にランクインの犬たちは?

Photo by Naud/

 

知能度ランキングの第8位はパピヨンです。
蝶が羽を広げているような形の大きな耳が特徴的なパピヨンは、フランスが原産の犬種です。

 

小柄でありながらしっかりとした体格を持ち、活発な性格をしています。
好奇心旺盛で新しいことへの反応や記憶が良い傾向にあり、性格を活かして上手にしつければ覚えが早く飼いやすい犬種です。一般的には家族以外にも人懐っこく、社交的な性格をしているといわれています。

 

 

第7位はラブラドール・レトリバーです。
カナダが原産で、もともとは狩猟犬として活躍していました。
現在は家族の一員として過ごしている犬が多くいますが、警察犬や盲導犬としての活躍も見せている犬種です。

 

従順で温和な性格をしていて、総合的なバランスを持った賢さを持っていますが、特に洞察力や嗅覚に優れています。このため、その特徴を活かして職業犬としての活躍が期待されているのです。

 

 

第6位はスコットランド原産の牧羊犬である、シェットランド・シープドッグです。
温和な性格で忍耐強く、人とのコミュニケーションを好むことが多いため、家庭犬としても愛される要素をもっています。

 

一般的には命令に対する覚えが早く、しつけしやすい犬種とされていることも、愛玩犬として好まれる理由です。感受性が強く責任感もあるため、家族に懐きやすいという魅力があります。

 

しかしその反面、牧羊犬としての血もあり、警戒心が強く家族以外には吠えてしまう子が多いというのも特徴のひとつです。

 

 

ベスト5入りはどの犬種?第4位と第5位は大きな体のあの犬たち!

 

知能度の高さが第5位といわれている犬種は、ドーベルマンです。
知的で上品な顔立ちとスレンダーな体を持ち、犬界のサラブレッドとも呼ばれています。警察犬や軍用犬など、さまざまな分野で活躍することができる賢い犬種で、飼い主に対しての忠誠心が特別に強い犬です。

 

その分、飼い主以外に対する警戒心が非常に強く、さらにほかの犬種に比べて縄張りへの意識が強いことから、家庭でも番犬としての活躍が期待されています。

 

 

そして第4位は、ゴールデン・レトリバーです。
優しく穏やかな人に対して穏やかに接することができる性格を持っていることから、盲導犬や介助犬として多くの活躍を見せています。

 

大きな体を持ちながらも、その性格からドーベルマンとは異なって番犬には向きませんが、周囲の雰囲気を察する賢さを持ち協調性に優れているため、人に寄り添って過ごす犬としては適した性格です。

 

 

さまざまな現場で大活躍!第3位はジャーマン・シェパード・ドッグ

 

賢いといわれて多くの人が納得してしまうような、目覚ましい活躍をしている犬種がジャーマン・シェパード・ドッグです。
警察犬や爆発物探知犬、麻薬探知犬、軍隊犬としてさまざまな現場で活躍する犬種としても、その名が知られています。

 

ドイツが原産国であるジャーマン・シェパード・ドッグは知能が高いだけではなく、忠誠心が強く服従心を持っていることから、人間の良きパートナーとして活躍することが適した犬とされているのです。

 

ただし、大きく強靭な体力を持ち、とても賢いがゆえに、きちんとしたしつけがより重要となります。
子犬のころに基本的な教育を十分に行わないことで、しつけられていない性格を突き通してしまい、再びしつけることが難しくなるケースもあるのです。

 

ただし、一度きちんとしつけをして信頼のある関係性を作ってしまえば、長く飼い主に忠誠するため、最高のパートナーとなることができるでしょう。

 

 

日本でも大人気!オシャレも得意なプードルが第2位!

 

日本で常に人気犬種の上位にランクインする犬種といえば、プードルです。
ドイツ原産であるプードルは、水鳥猟で活躍する水中回収犬や鳥獣猟犬として飼われていました。

 

体の大きさにより、トイ、ミニチュア、ミディアム、スタンダードの4種類に分けられていて、現在は主に、愛玩犬やドッグショー犬として多く愛されています。

 

甘えん坊でデリケートな性格を持ってはいますが、基本的に知能が高いため、犬飼い未経験者でも比較的すんなりと基本的なしつけを行うことができるといわれているのです。
このため、トイプードルはさまざまなドッグショーでも優秀な成績を残しています。

 

また、社交性に優れている点も、プードルの持つ秀でた性格のひとつでしょう。
オシャレな外見と人懐っこさ、そして本来持つ賢さが、プードルの人気の理由となっているのです。

 

 

人間の言葉もわかる!?栄えある第1位はボーダーコリー!

 

知能が優れているといわれる犬のなかでも、特に賢いといわれているのがボーダーコリーです。
ボーダーコリーはイギリス原産の犬種で、ニュージーランドやオーストラリアなどでは主に牧羊犬として飼われています。

 

体格は一般的に中型犬に属されるサイズとなっていて、ブラックアンドホワイトをはじめ、さまざまな毛色を持った犬がいます。
訓練による発揮能力が高いことから、アジリティや競技などを楽しむドッグスポーツでも活躍できる犬種です。

 

その賢さは、まず言葉の理解力から証明されています。
ほかの犬種でも「お手」や「おすわり」などしつけの方法によっては、さまざまな言葉を理解できる犬は多いものですが、ボーダーコリーは理解できる言葉の数が1,000以上に及ぶといわれているのです。

 

また、人に媚びない意思をしっかりと持った犬でもあります。
そのため、主従関係をしっかりと作り上げることで、飼い主以外の指示があってもぶれることなく行動をとることが可能となるのです。

 

愛情を与えれば与えるだけの反応を見せてくれる犬は、犬種によってさまざまな魅力を持っています。
より良いパートナーを見つけるためには犬種ごとの性格や特徴を知り、自分の性格やライフスタイルに合った犬を選ぶことがポイントとなるでしょう。