かわいい、飼いたい、人気犬種ランキング

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年発表される人気犬種ランキング

毎年発表される人気犬種ランキング

 

ペット保険会社が毎年発表する、人気の犬種ランキングが今年も発表されました。このランキングは2017年の1年間で、新たに保険加入された0歳の犬を対象に行った集計結果をもとに発表されています。

 

つまり、人気犬種の最新トレンドが反映されているという事ですね。はたして、今年はどんな結果になったのでしょうか。その犬種の特徴とあわせてランキング形式でご紹介したいと思います。

 

2017年の人気犬種ランキング

1位 トイプードル

1位 トイプードル

 

堂々の1位は、今年もトイプードルでした。誰もが納得の順位ですよね。8年連続の1位獲得ということで、人気の高さがうかがえます。人気の秘密は、その愛らしい見た目はもちろんですが、飼いやすいという点も大きな魅力となっているようです。

 

トイプードルはとても賢く、飼い主さんがきちんとしつけをすれば、無駄吠えや甘噛みなどの問題行動を起こすことも少なくなります。さらにトイプードルの魅力は、抜け毛が少ないという点にもあります。ペットを飼うとどうしても気になってしまうのが抜け毛です。抜け毛の多い犬種では、換毛期に入ると毎日のお掃除もとても大変です。

 

その点、トイプードルは「シングルコート」という被毛の種類なので、毛がほとんど抜けず、お手入れが楽です。その代わりに、放っておくと毛がどんどん伸びていってしまうので、定期的なトリミングが必要になります。

 

第2位 チワワ

第2位 チワワ

 

こちらも納得の順位です。小型犬の中でも小さいチワワは、マンションなどでも飼いやすく、人気の犬種となっています。

 

また、チワワと一言で言っても、ツルッとした触り心地で毛の短い「スムースコート」や、フワフワで毛の長い「ロングコート」に分かれており、色も「ブラック」「クリーム」「レッド」「チョコ」など様々です。眉毛の部分だけ色の違う子もいますよね。自分好みの子を選べるという所も、チワワの魅力なのかもしれません。

 

また、小型犬であることから運動量も少なくていいため、お散歩もそんなに長時間行かなくても大丈夫という点も魅力の1つと言えます。そのため、一人暮らしの方やお年寄りにも人気の犬種となっています。

 

第3位 ミックス犬(体重10kg未満)

第3位 ミックス犬(体重10kg未満)

 

人気の純血種が上位を占める中、ミックス犬が堂々の3位を獲得しました。以前はあまり注目を浴びていなかったミックス犬ですが、海外セレブが飼い始めたことで人気が広まり、その唯一無二のかわいさが見直されるようになってきました。

 

最近では、ミックス犬を販売するペットショップも増えてきましたよね。ミックス犬とは、違う種類の純血種同士を掛け合わせてうまれた犬の事です。人間でいう、「ハーフ」の事ですね。両親の特徴のいいとこ取りができる所が人気の秘密となっています。

 

人気のミックス犬として、チワワとミニチュアダックスを掛け合わせた「チワックス」や、マルチーズとトイプードルを掛け合わせた「マルプー」、ポメラニアンとマルチーズを掛け合わせた「ポメマル」などが挙げられます。仔犬の時期に家族に迎えたミックス犬は、成犬になった時にどんな風に成長するのかが分からないという所も楽しみの1つかもしれません。

 

第4位 柴犬

第4位 柴犬

 

ここで、日本犬の代表である柴犬がランクインです。柴犬は今や世界中で愛される大人気犬種になりましたよね。柴犬を飼った経験のある人は、その後もずっと柴犬を好む傾向があるようです。

 

柴犬の性格として、飼い主さんには従順ですが、他の人にはあまり懐かないというイメージがあるかもしれません。もともと柴犬は警戒心の強い犬種で、日本では一昔前まで番犬として飼われている子が多かったように思います。ですが、室内飼いが主流になり、番犬としてではなく家族として家に迎えられるようになるにつれ、その家族思いの性格に魅力を感じる人が増えてきました。

 

飼うのが難しいかなと敬遠されがちな柴犬ですが、飼い主さんとの信頼関係を築いて、きちんとしつけをすれば、問題行動も起こしにくくなります。

 

第5位 ミニチュアダックス

第5位 ミニチュアダックス

 

6位にはミニチュアダックスがランクインしました。ミニチュアダックスも、チワワと同じく、スムースコートとロングコートに分かれていて、好みの子を選ぶ楽しさがあります。また、最大の特徴である短い脚でチョコチョコと動く姿がかわいいと感じる方も多く、愛されている理由の1つかもしれません。

 

警戒心が強いためよく吠えるというイメージもありますが、基本的にはフレンドリーで好奇心旺盛な子が多いのも特徴です。

 

6位以降のランキング

6位以降のランキング

 

2017年のランキングの6位以降は、6位がポメラニアン、7位がミニチュア・シュナウザー、8位がヨークシャー・テリア、9位がシーズー、10位がマルチーズという結果になりました。

 

皆さんのお家の子はランクインしていましたでしょうか。

 

小型犬が人気のランキング結果

小型犬が人気のランキング結果

 

10位までのランキングをご紹介しました。結果として、ランキング上位はすべて小型犬で占められていましたね。これは、現在の日本の住宅事情に合わせた結果なのかもしれません。

 

日本でもペット可物件は増えてきましたが、小型犬のみOKという所も多く、中型犬以上は飼いたくても飼えないという状況があるのかもしれません。小型犬人気は今後も続きそうですね。