犬にはNG,チョコレートの危険性

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人には良い成分も、犬にはNG

犬にはNG、チョコレートの危険性

 

甘くておいしいチョコレート。子供から大人まで、チョコレートが好きな方って多いですよね。最近では体にもいいという事も言われていて、毎日食べているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ですが、チョコレートが体にいいという事は、実は人間だけに限った話なのです。「チョコレートは体にいいから、うちの愛犬にも食べさせようかしら」なんて思っていらっしゃる方がいたら、絶対にやめてください。犬にチョコレートを与えるのはNGです。

 

犬にとっては有害なチョコレート

犬に与えてはいけない食べ物

犬に与えてはいけない食べ物

 

犬にチョコレートを与えてしまうと、最悪の場合、死に至ることもあります。チョコレートは犬にとって、それほど危険な食べ物なのです。

 

犬に与えてはいけない食べ物は、実際に犬を飼っていらっしゃる飼い主さんならある程度はご存知かと思いますが、その中でもチョコレートは与えてはいけない物ランキングの上位に入ります。

 

チョコレートが危険な理由

チョコレートが危険な理由

 

チョコレートは、カカオが原料だという事は皆さんご存知かと思いますが、そのカカオの中にはアルカロイドの一種である、テオブロミンという成分が含まれています。そのテオブロミンが犬のアレルギー症状を引き起こす原因となって、「チョコレート中毒」という症状に陥ってしまうのです。

 

犬のチョコレート中毒とは

チョコレート中毒の主な症状

チョコレート中毒の主な症状

 

初期症状としては下痢や嘔吐、頻尿、息苦しさや喉の渇きなどの症状があらわれます。さらに多量にチョコレートを摂取してしまった場合は、症状も重篤になり、痙攣や精神障害といった症状があらわれるほか、最悪の場合は死に至ることもあります。

 

症状の程度は、摂取したチョコレートの量や種類、犬の体重などによって変わってきます。ホワイトチョコレートのような、カカオ以外の成分が多く入っているような物をごく少量食べてしまった場合などは、軽症で済む場合もあります。

 

逆に、カカオ何%配合などと大きく書いてある、カカオが多く含まれている商品を食べてしまった場合は非常に危険です。

 

チョコレートを食べてしまった時の対処法

チョコレートを食べてしまった時の対処法

 

愛犬がチョコレートを食べてしまった事に気付いたらすぐに、かかりつけの動物病院などに連絡をして、飼い主さんが取るべきその後の対処法を聞きましょう。「チョコレートを食べてしまったのだから、吐かせればいいよね」と自己判断せずに、速やかに獣医師の指示に従うことが重要です。

 

 

病院に連絡する際も、飼い主さんは愛犬の緊急事態に慌ててパニックになってしまうかもしれませんが、そんな時こそ落ち着いて、まずはどんな種類のチョコレートをどれくらいの量食べてしまったのかを確認してください。チョコレートのパッケージが残っていたら、有力な判断材料になりますので、それを病院に持っていくのも良いでしょう。

 

チョコレート中毒の診断

チョコレート中毒の診断

 

動物病院では、チョコレート中毒の症状を採血や採尿で診断します。一般的に中毒症状があらわれるのは、テオブロミンの含有量が、犬の体重1kgあたり90~150mgの場合と言われています。

 

また、致死量とされるのは、250mg以上摂取してしまった場合と言われていますが、それよりも少ない場合でも死に至ってしまったケースもあるようなので、一概には言えないというのが実際のところかと思います。

 

板チョコに含まれるテオブロミンの含有量

テオブロミンの含有量と言ってもあまりピンときませんよね。わかりやすく板チョコ(60g)で説明すると、ミルクチョコレート1枚にはおよそ150~180mgほどのテオブロミンが含まれています。それがビターチョコレートになると450~600mgほどになり、最もカカオ成分の多いブラックチョコレートにはテオブロミンが約1000~1200mg含まれているそうです。

 

一方、ホワイトチョコレートにはカカオがほとんど含まれていないため、テオブロミンもほとんど含まれていません。もちろん、チョコレートの種類などによってテオブロミンの含有量は変わってきますので、少ないから安心というわけではなく、少しでも愛犬がチョコレートを食べてしまった場合には、適切な対処が必要です。

 

チョコレート中毒の治療法

チョコレート中毒の治療法

 

チョコレート中毒の症状には、残念ながら解毒剤がありません。催吐(吐かせる)させたり、胃洗浄をしたりする対処療法で処置されることが多いようですが、チョコレートは溶けてしまうと体内から完全に取り除くことが困難になってしまいます。気づくのが早ければ、それだけ処置も早くなりますので、早めの対処を心がけて下さい。

 

愛犬をチョコレート中毒にさせないために

愛犬をチョコレート中毒にさせないために

 

最悪の場合、その日のうちに命を落としてしまう可能性もある恐ろしいチョコレート中毒。ですが、それを防ぐことはそれほど難しいことではありません。飼い主さんが日頃から注意して、チョコレートを犬の届く範囲に置いておかなければそれだけで防ぐことができます。

 

大切な愛犬をチョコレート中毒の脅威から守るために、飼い主さんがチョコレートを食べる時には、残ったチョコレートは冷蔵庫や高い棚に入れるなどして、うっかりにでも愛犬が食べてしまわないような管理を心がけてください。