ペットの忌引休暇に反対の人に知ってほしい、休暇を取ったほうがいい理由

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペットが亡くなったときに、休暇を取るか取らないか。かなり賛否の分かれる話ではないかと思います。

 

ペットを飼っていない人には、特に理解し難いかもしれません。でも、休暇なんてありえないと反対する前に、ちょっとだけ考えてみてほしいことがあるんです。

 

 

ペットが亡くなったときに休暇を取ったほうがいい理由

 

私は、ペットが亡くなったときは、1日でもいいから休暇を取った方がいいと思っています。

 

そう思うのはもちろん、私自身が犬を飼っているからということもあります。しかし、それを抜きにしても、休暇は取った方がいいと思うのです。

 

私がそう考える理由を2つ、お話ししてみましょう。

 

遺体を放置してはいけない

 

ものすごく現実的な話をしましょう。

 

ペットは、生き物です。当然ながら、亡くなってしまったら遺体は時間がたてば腐敗していきます。それを放置しない方がいいんじゃないか、というのが私が休暇を取った方がいいと思う理由の1つです。

 

ペットの遺体は、人間と同じように火葬が必要。これは、行政でも行っていますし、24時間365日対応をしている民間の業者に依頼することも可能です。

 

 

24時間対応だからといって、仕事で疲れた体で火葬に行っても、時間に追われるばかり。できるだけ時間に余裕を持った状態で、最後のお別れと飼い主としての責任を果たすこと。そのためにも、ペットが亡くなった時の休暇は必要じゃないかな、と思います。

 

ペットロスをできるだけ防ぐ

 

ペットを亡くした人の中には、気持ちが落ち込んだり、不眠になったりと、心身に何らかの影響を及ぼす人がいます。「ペットロス」という言葉を聞いたことがある人もいるでしょう。

 

もしも、ペットが亡くなったときに十分なお別れの時間が持てなかったとしたら、ペットロスによる影響は大きくなるのではないか、という気がするのです。

 

亡くなってしまった悲しみは、そう簡単に癒せるものではありません。でも、自分の中で気持ちの整理をする時間が持てるか持てないかで、その悲しみによる影響をいくらか和らげることができるのではないかと思うのです。

 

一緒に働いている人がペットロスで落ち込んだままだったら、きっと仕事にも影響を及ぼしてしまうことでしょう。だったら、休暇を取ってもらって、ちゃんとお別れをしてきてもらった方が、まわりの人にとってもいいのではないでしょうか。

 

 

ペットを飼っていない人、買うことにあまり興味のない人には、どうしてペットの死で休暇を取るのかわからない、と言われることも多いです。

 

わからなくても、理解してもらえなくてもいいんです。ただそこには、ただ悲しいからとか、お別れしたいからだけじゃない理由があることを、少しだけでも知ってもらえたらなと思います。