猫の耳掃除ってどうすればいいの?気を付けるポイント

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネコちゃんの耳は、基本的には飼い主さんが耳掃除をしてあげなくてもきれいです。
ただし、体質によっては脂分が多く、耳垢がたまりやすいネコちゃんもいるため、家にいるネコちゃんがそんなタイプなら、定期的に耳の状態をチェックして耳掃除をしてあげる必要があります。
今回は、猫の耳掃除の方法とポイントをご紹介します。

 

 

定期的にネコちゃんの耳の状態をチェック!

耳垢のたまりやすいネコちゃんを、そのまま放置しておくと、外耳炎になってしまうことがあります。
定期的に耳の状態をチェックしてあげ、肉眼で確認できる汚れや耳垢が見つかれば、耳掃除をしてあげましょう。

 

特に、スコティッシュフォールドは耳の構造上、雑菌が繁殖しやすいので、気をつけてあげる必要があります。

 

 

ここがポイント!ネコちゃんの耳掃除の方法

 

それでは、具体的な耳掃除の方法を見ていきましょう。

 

【準備するもの】

ペット用ウェットティッシュ(なければ、ティッシュペーパーやガーゼ)
ぬるま湯か猫の耳掃除用のクリーニングローション

 

 

【手順】

1. 耳を観察します。耳を触ったときに痛がらないか、臭いがないか、中を見て炎症がないか、耳垢がないかをチェックしましょう。
※異常が見つかった場合は、耳掃除はせずに動物病院へ連れて行ってあげてください。
 
2. ぬるま湯で湿らせた(またはクリーナーをしみ込ませた)ガーゼやティッシュで、耳の奥から外に向かって拭き取り、汚れや耳垢を取り除きます。
※綿棒などを使って耳の奥の方を掃除するのは、皮膚を傷つけてしまったりして危ないので、獣医さんなどの専門家にお願いしましょう。

 

 

耳掃除の頻度の目安は、10日に1回程度。
1ヶ月に1度で十分という専門家の声もあります。逆に、やりすぎてしまわないように注意しましょう!

 

こちらの動画でも耳掃除の方法が紹介されていますので、参考にどうぞ。