震災で行方不明になるペットを0にしたい!~今、考えたいマイクロチップ~

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もしも、地震などの大きな自然災害が起きて避難しなければならないとき、あなたならペットをどうしますか?

「自由に安全な場所へ逃げられるように放す」という方が多いのではないでしょうか。

 

実際、東日本大震災の際、生き延びられるようにと飼い主に逃がされた多くのペットが、その後、飼い主と再会できずに迷子になってしまったといいます。

災害が収束した後、飼い主であるあなたも飼っていたペットも無事だったときに、また一緒に暮らすための手段として、マイクロチップ登録という方法が注目されています。

 

 

 

ペットのマイクロチップ登録「Fam(ファム)」

 

今回ご紹介するFam(ファム・・・Family association of management:ファミリーID管理機構)では、直径2mm・長さ12mmの円筒形のICチップに、飼い主様の名前、住所、連絡先などを登録することができます。

これを獣医さんに頼んでインジェクターという注射器のような器具でペットの体に埋め込んでもらいます。

 

災害などでペットを離ればなれになってしまったら、Famと最寄の警察署へ連絡します。

すると、Famが地域管轄の動物愛護センターと警察署に連絡のうえ、ホームページに迷子犬として掲載してくるのです。

ペットを保護したとの連絡が入ったら、専用のリーダーを使ってマイクロチップに識別された15ケタのマイクロチップID を読み取り、飼い主へ連絡してくれるという仕組みです。

 

Fam(ファム)

 

 

 

災害や迷子のほか、盗難、事故、連れ去りの場合も戻ってくる可能性が!

 

マイクロチップでペットを識別できるようにしておけば、災害時だけではなく、飼い主が知らないところで起こる次のようなケースでも役立ちます。

 

・ペットの盗難や連れ去り

・迷子や逃走

・万が一の事故など

 

 

 

マイクロチップの埋め込みって痛くないの?壊れることは?

 

いざというときにペットの所在を知るために大切なマイクロチップ。 でも、かわいいペットが痛い思いをするのでは・・・?と心配な飼い主さんもいることと思います。

 

ここでは、Famのマイクロチップに関するさまざまな疑問を解消していきます!

 

Q1. 痛くないの?
A1. 痛みは普通の注射と同じくらいで、鎮静剤や麻酔薬は通常必要ありません。 マイクロチップの埋め込みは獣医行為なので、腕の良い獣医さんで行うのが安心です。

 

Q2. 体内で移動したり、壊れたりしないの?
A2. ほとんど移動しません。これまで壊れた報告はありません。

 

Q3. GPS機能はついていますか?
A3. GPS機能はついていませんので、遠隔探査・今どこにいるのかの確認はできません。

 

 

そのほか、もっと知りたい!という方は、Famの公式サイトをご覧ください。

 

Fam(ファム):よくある質問

 

 

 

いざというときのために!ペットにも備えを

災害ばかりでなく、ペットの迷子や盗難はいつ起きるかわかりません。

この機会に、マイクロチップ登録でいざというときに備えておきませんか?