犬を飼う前に見て欲しい!ツイッターの『#秘密結社老犬倶楽部』

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かわいい子犬のときから飼い始めたワンちゃんも、十年後には老犬になります。

 

犬の寿命は十年前後といわれています。

お別れのときまでの短い期間、一緒に遊んだり病気やケガを乗り越えてきずなを深め、たくさんの思い出をつくりたいですね。

 

老犬と飼い主さんとの深い愛情が伝わるTwitter投稿を見てみましょう!

 

 

 

17歳のレオちゃん

 

 

 

 

 

柴雑種の13歳 リアちゃん

 

 

 

 

 

19歳のちろちゃん

明け方に老犬の息たしかめてエアコン上げる霜月の居間#短歌

 

ちろに明け暮れた半年の記憶が鮮やかで、今も毎朝、階段を下りてドアを開けたらあの子が待ってる気がします。 #秘密結社老犬倶楽部 #秘密結社老犬倶楽部天国支部 pic.twitter.com/TClY3zwCZS

— ぽんつん (@pontsun_7) 2016年6月7日

 

夫の祖父は92で大往生。山と犬が好きでした。若い日には猟友会に加入、紀州犬を多頭飼いし、イノシシ猟を。犬の扱いが上手く、ちろは祖父が大好き。祖父が最晩年、認知症になり、毎回ちろを初めて見る犬と認識しても、ちろは変わらず大好きでした。 pic.twitter.com/gDoaDxNuqX
— ぽんつん (@pontsun_7) 2016年6月4日

 

 

 

15歳のカールちゃん

 

 

 

ワンちゃんが天国へ行くその日まで、愛情を持ってお世話しましょう!

年老いたワンちゃんに感じる愛おしさは、長年連れ添った信頼関係と愛情からくるもの。

「老犬になってからの方が断然カワイイ!」と言えるような密度の濃い時間をワンちゃんと過ごしたいですよね。

 

きっと、ワンちゃんが亡くなった後も飼い主さんの心の中で生き続けてくれますよ。